BF(バイオファルト)緑化工法 生態舗装工
国土交通省新技術活用促進システム(NETIS)登録 KT-980311-V

BF緑化工法(バイオファルト)は、間伐材や現地発生材をチップ化し、生のまま土壌に還元するリサイクル工法です。
木材チップは厳選した埴壌土と共に団粒化するので、水もち・水はけが良く、植物の生育に適した環境となります。

BF(バイオファルト)緑化工法の特長

  • 間伐材や現場で発生する伐採木・伐根をチップにして活用し生育基盤をつくり、植物を種子から導入するリサイクル緑化工法です。
  • 植生用乳剤とチップを骨材とした植生基盤で斜面を覆うので侵食に強く、ラス金網や吹付簡易法枠工等の緑化基礎工を基本的に省略できます。
  • 凹凸のある自然な斜面に、周辺の自然林と融合する樹林をつくります。
  • 汎用高次団粒吹付機ソイルシーダS-2またはソイルシーダS-1を使用し、斜面の下から安全に吹付できます。

適用範囲

BF緑化工法の断面模式図

  • 切土・盛土 3分勾配まで可能
  • 現場発生材の処理が求められる場所
  • 硬岩、モルタル吹付斜面
  • ダム湖淡水斜面、多自然護岸、簡易水路
  • 崩壊斜面、れき混じり斜面、軟岩斜面
  • マサ土盛土の侵食防止、海岸の飛砂防止
  • 自然な樹林化が求められる場所

施工事例

  • 施工前
    施工前
  • 施工完了 5月
    施工完了 5月
  • 施工後 1ヶ月経過
    施工後 1ヶ月経過
  • 施工後 3ヶ月経過
    施工後 3ヶ月経過

問い合わせ先

静岡県SF緑化工法協会会員
静和工業株式会社

本社 〒422-8066 静岡市駿河区泉町3-15
技術開発部 TEL 054-285-7142  FAX 054-284-6557
mail:kikaku-kensa@seiwa-kogyo.com